首都圏

3.購入のお申込み・条件交渉

お申込み・交渉

購入希望者から正式に購入の意思表示があれば、担当スタッフが売主様に購入申込書をお持ちします。購入希望者の売買代金のお支払方法や物件引渡し日、設備等の具体的な契約条件の調整をいたします。
購入申込は必ず書面、又はメール等で内容をご連絡いたします。口頭では、受けておりません。
交渉事例は、以下のとおりです。

  • 価格交渉
  • 引渡し時期の相談
  • 設備や室内状況などのご相談

売却
他に購入申込書には、手付金の金額が記述されています。手付金は、物件の価格に充当されるものですが、手付金とは売買契約時に意味を持つ金額ですので、手付金額がいくらで記入されているかは重要な要素です。
また、購入申込を受けた場合、ご家族でご相談されるケースが多いです。その場合、時間をかけすぎると、購入を検討されているお客様の気持ちが変わってしまうことが少なくありません。
売却

購入申込とは、売買契約とは関係なく、拘束力のないものです。

購入申込を受け取った後に検討することは重要ですが、速やかに返答をすることが大切です。交渉されている内容で、納得できない部分がある場合は、朝日リビング担当スタッフへ遠慮なくお申し付けください。

GoTop