首都圏

4.不動産売買契約

ご契約

売却

契約日の当日は、朝日リビング担当スタッフ立会いのもと、契約書・物件状況等報告書・設備表の内容を確認します。内容に問題がなければ、売主様・買主様双方が記名押印し、契約の完了となります。
(時間は約2時間位です。)

売買契約当日の流れ

  1. 重要事項説明
  2. 国家資格である宅地建物取引士が売買契約の前にその物件に関する大切な部分を説明することです。今までに受けた説明や販売図面の記載内容、登記簿に記載されている権利関係、将来の建て替え時の法的制限、敷地の道路の関係、万が一の契約解除の場合の規定などを記載し、書面をもって説明いたします。1年以内にインスペクションを実施した住宅であれば、宅建業者よりインスペクション結果を説明いたします。

  3. 設備表・物件状況等・報告書の確認
  4. 中古物件の場合、通常現状有姿売買です。引渡し後のトラブルを防ぐために、契約時に現在の物件状況を売主様・買主様で確認します。その内容を記入したものが設備表・物件状況等報告書です。付いているもの、付いていないもの、撤去するもの等をご確認ください。また雨漏りやシロアリの被害がなかったのか…などを確認し、安全な取引を目指します。

  5. 売買契約書読み合わせ
  6. 契約違反などがあった場合にどうするのかなど、重要な事項の取り決めを行います。分からないことは、流すことなくその場で質問をしてください。

  7. 書類への記名・押印
  8. 売買契約書には、取引内容や当事者の権利・義務等が記載されています。売買契約書に基づき契約内容の確認を行ったうえで、買主様、売主様双方が記名・押印、買主様が手付金を支払って契約が成立となります。売買契約が成立すれば買主様には代金の支払い義務、売主様には所有権移転、引越しの義務が発生します。契約後、契約違反をすると手付金の放棄や違約金の支払い等が発生しますので、契約を充分に確認しましょう。インスペクションを実施した住宅であれば、基礎、外壁等の現況を売主様・買主様が相互に確認し、その内容を書面にて保管します。

  9. 手付金授受

必要書類

ご契約には以下の書類が必要となりますので、ご用意をお願いいたします。

  • 契約物件の登記済権利証 または、登記識別情報
  • ご自宅にて保管している登記済権利証または登記識別情報をお持ちください。

  • ご印鑑
  • 共有の場合は共有者全員の署名捺印が必要です。

  • 共有者がいる場合で当日同席できない場合には、欠席する人の委任状
  • 委任状は必ず、欠席する方ご自身がお書きくださるよう、お願いいたします。

  • 固定資産税納税通知書
  • ご自宅にて保管している固定資産税納税通知書をお持ちください。

  • 契約書に貼付する収入印紙代
  • 仲介手数料
  • 物件状況等報告書・設備表
  • ご記入されたものをお持ちください。

  • 本人確認資料(運転免許証・パスポート等)
  • 身分を証明できる、有効な資料をお持ちください。

お客様の事情により、その他必要な書類をご用意いただく場合がございます。
その場合は、朝日リビング担当スタッフよりご案内申し上げます。

GoTop