首都圏

ハザードマップの活用法

9月に入り台風がたくさん上陸し豪雨被害が各地で起きてておりますがハザードマップと言う言葉を最近良く耳にするようになりました。
ハザードマップとは、地震、津波・高潮、土砂、浸水などの自然災害が発生した際、予測される被害の大きさと、被害が及ぶ範囲を地図化したものです。
そしてハザードマップには、被災する危険がある地域や避難場所などが示されているため、自宅周辺のマップを確認しておけば、災害発生時に安全に避難できます。
今回の豪雨被害とハザードマップの水害箇所が

続きはこちら

Category ( news)
GoTop