首都圏

気を付けたい「相続による不動産の共有」

一般的に「不動産は共有するな」と言われています。
処分や管理が複雑になるためです。
ただし、意図せずに不動産が共有化してしまうケースがあります。
それが相続です。
相続が発生すると、不動産は自動的に相続人の共有状態となります。
これを誰かひとりの名義にするためには、遺産分割協議をしなければなりません。
相続人が母と子だけ、という場合には問題となるケースは多くありません。
それでも、お子様が海外勤務で手続きが進まないといったケースや、

続きはこちら

Category ( news)
GoTop