首都圏

最近流行りのVR・AR・MRの違いをご存知ですか?!


不動産取引ガイド

先日、不動産テックセミナーなる会に参加してきました。その中で、VRを活用した仕組みをご説明していただき、興味が湧きましたので、ご紹介したいと思います。

最近、各種メディアでもよく取り上げられるVRですが、このVRと似た様な技術にAR、MRがあります。これらの技術はどのように違うのかを把握されてますでしょうか?各技術概要を箇条書きにすると下記のような流れになります。

VR(Virtual Reality : バーチャルリアリティ)とは?!
VRとは、コンピュータ上に人工的な環境を作り出し、あたかもそこにいるかの様な感覚を体験できる技術の事です。日本語では「仮想現実」あるいは「人工現実感」と呼ばれていたりします。2016年はVR元年とも呼ばれており、Oculus RiftやHTC Vive, PlayStation VRなどハイエンドVR機器が多数発売されています。私もユーチューブの映像をVRヘッドセットを着用して、映像を楽しんでいる一人です。
最近では100円ショップにて段ボールで出来たVRヘッドセットが販売されていたりしますので、日本でもかなり浸透しつつあります

AR(Augmented Reality : 拡張現実)とは?!
ARとは、現実空間に付加情報を表示させ、現実世界を拡張する技術のことをいいます。VRは現実世界とは切り離された仮想世界に入り込みますが、ARはあくまで現実世界が主体です。Microsoftが開発しているAR技術製品HoloLensの開発者版が2016年3月に発売しており、今後の進展が期待されている技術です。私はチョコボールの箱についていたAR技術を活用したゲームを子供と一緒に楽しんだ経験がございます。

MR(Mixed Reality : 複合現実)とは?!
MRとは、複合現実と呼ばれ、CGなどで作られた人工的な仮想世界に現実世界の情報を取り込み、現実世界と仮想世界を融合させた世界をつくる技術です。MRの世界内では、仮想世界のモノと現実世界のモノが相互に影響すると言われます。MR技術はMagic leapが巨額の資金調達を行って開発しており話題となっています。私はMRを体験した事はありませんが、公開されている動画を見ると、まるでSF世界にいるかのような映像との事です

VR・AR・MRの今後の可能性について
VRは2025年までに現在のデスクトップPCと並ぶ巨大市場へと成長する可能性を秘めていると言われているようです。ゴールドマンサックス社の2025年におけるVRユースケース予測によるとVRの活用市場は多岐にわたり、現在盛り上がりつつあるゲーム市場・エンターテイメント分野を始め医療系ヘルスケア分野や産業分野、小売市場など様々な業界で目にすることになると予想しています。個人的にはこれから不動産の内見の機会を劇的に減らす事が出来るものと考えています。
皆様の不動産の内見が時間と手間を掛けて見て回るよりも、自宅に居ながらVRにてあたかもそこにいるかの様な感覚で不動産を確認できる方が便利で効率的だと思います。
まだまだVRでの内見環境を提供している不動産事業者が少ない為、少し時間も掛かるものと思いますが、将来の不動産の流れはVRで事前確認をして、その後、最終確認を内見して買い付け申し込みを入れるといった流れになっていくものと考えます。
その行き着く先は仮想世界であるVRを超え、現実世界を拡張するAR。そして仮想世界に現実世界をとりこみ、相互に影響を与えるMRへと発展していくものと考えます。

朝日リビングでは、360度カメラを導入し、お部屋の紹介ツールとして活用し、VR内覧も始めております。
現在、全てのお部屋は対応できておりませんが、今後、全てのお部屋をご覧いただけるように進めてまいります。
2019年は、リノベーション&ホームステージング&VRの導入で、更に情報の提供に注力し、ストック住宅の活用の推進を進めてまいります。

☆住替え、マイホームの売却に失敗しないためにも、我々エージェントに気軽に相談下さい。
朝日リビング 法人営業課 小松淳一
**************************************************
不動産の売却、賃貸、相続、リフォーム、活用など、ご相談はこちらから登録してください。

(ご利用は無料です)

不動産の情報は・・・不動産会社は不要になった!!
「全ての物件情報」が「AI評価」付きで「24時間以内」に届く画期的サービス

(ご利用は無料です)

1 全ての不動産情報が届く
ご希望の条件に当てはまる「全ての不動産情報」をお届けします。
売りたい物件情報だけを渡してくる不動産会社はもう要りません。
2 AI評価書付き不動産情報
不動産の良し悪しは、不動産情報に記載されている内容でほとんど判断できます。良い情報も必要ですが、住宅購入に際してはネガティブ情報こそ必要な情報です。お届けする不動産情報には、ビックデータを用いて定量的な判定をしたAI評価書が付きます。

3 毎日24時間以内にお届け
人気の物件がすぐ成約するのは当然です。担当営業の探索不足で、不動産情報を得られなかったら大きな損失ですね。「ロボット」が「確実に」売り出しから24時間以内に物件情報をお届けすることで、買い逃してしまうリスクを大幅に軽減します。

(ご利用は無料です)

※「火曜日」「祝祭日前日」「夏季休暇中」「年末年始」等に売り出しになった物件について、情報のお届けが一部24時間を超えることがあります。

■不動産の資産価値やリスクをAI(人工知能)が瞬時に判定■
不動産事業者は良い情報ばかり伝え、悪い情報を正確に伝える事業者が少ないと思います。
​セルフィンは、ビックデータやオープンデータをベースに機械学習を繰り返し、不動産の最適価格やリスクなどを瞬時に判断します。
セルフインスペクションアプリ「SelFin」
(ご利用は無料です)

**************************************************

GoTop